ホーム top page / おもな業務の内容 contents of business / 相談料・報酬など fee for consultation, business reward
相談の予約 consultation reservation / ブログ blog / ツイッター Twitter

相談の予約について
about reservation of consultation


はじめに introduction

相談を希望される際には、なるべく予約をとってから来所されますようお願いいたします。
I recommend that you will make a reservation before coming to my office if you want to consult with me or require legal advice.
予約なしに来所された場合であっても、司法書士が事務所にいて対応できる状態であれば、相談をお受けすることは可能です。
Even if you come to my office without reservation, it is possible that I make a consulting for you if I have enough time to do it.
予約のある方と、それ以外の方とが同じ時間帯に来所された場合には、予約のある方を優先させていただきます。
I'm sorry, but those who had made reservations have priority over those who had not done.

予約の方法 way of reservation

相談の予約は、電話かメールにて受け付けています。直接来所のうえ、予約していただくこともできます。
You can make a reservation by phone or email. Of course it's also possible that you do it when you are in my office.

電話での予約 reservation by phone


メールでの予約 reservation by email


カレンダー calendar for reservation

現時点における予約状況を表示しています(随時更新中)。○は予約可能、×は予約不可能な時間帯です。
Our office's schedule is indicated below. ○ means date and time you can reserve. × means date and time you can't reserve.
6:30pmの相談枠は、原則として営業時間外における英語・韓国語でのご相談に限らせいただいております。
Consultation starting from 18:30 is the special hour for only you talking in English or Korean.


なお、当事務所へのお問い合わせは下記からも可能です。どんなことでもお気軽にお問合せください。日本語・英語・韓国語のいずれでもOKです。当方からの回答はメールで差し上げます。

長野県 松本市 小口司法書士事務所トップページへ戻る return to top page